【仮想通貨】東京で行われたSwissborgの感謝パーティに行ってみた

こんにちは、ケイです。

優良ICO、見つけられてますか?

今回は1月にICOに参加したSwissborgの感謝パーティが東京であったので、そちらの様子をお伝えしたいと思います。

f:id:yu_coin:20180411163736p:plain

パーティ当日の様子

4月5日(木)、東京永田町GRIDにて19時から開催だったのですが、当日は平日にも関わらず沢山の人で溢れていました。

f:id:yu_coin:20180411164240j:plain

フードやアルコールも用意されており、インスタ映えしそうな小さく盛り付けられた食べ物が並んでいます。

f:id:yu_coin:20180411164230j:plain

アルコールはビール、赤白のワインが大量に用意されていました。

20分くらいネットワーキングが終わった後、遂にSwissborg日本代表の矢上さんからの挨拶でパーティはスタート。

Swissborgのメンバー紹介から始まり、今の仮想通貨事情や地合い、進行中のプロジェクトや目標などをおっしゃっていました。

f:id:yu_coin:20180411164234j:plain

そして途中からはSli.doというアプリを使ったQAタイムまりました。

Sil.doは今回の僕も初めて実際に使ったのですが、簡単にいうとSNSのコメント欄のようなシステムです。

皆が同じに掲示板に矢上さんへの質問を投稿し、それがリアルタイムにスクリーンに映し出されていました。

コメントにいいねすることができるのですが、やはりダントツでいいねが多かったのは

「いつICO価格を超えますか?」

という質問でした。

これに対して矢上さんは「短くて半年」とおっしゃっていました。今の地合いを考えたら難しいかもしれませんが静観するのが良さそうです。

実際にICOでCHSBを購入した層の80%はガチホしているそうです。

また他にも、

「なぜSwissborgという名前なのか?」という質問もあり、これにはCBDOのChrisが答えていました。

彼曰く、Swissborgは日本語のCell(細胞)ともかけているそうです。知らなかった。

番外編で面白かった質問が、序盤にあった「ご飯食べ始めていいですか?」という質問。これには「どうぞ!!」と元気良く回答されていました笑

と、なんやかんやで5,6個の質問に答えてQAタイムは終了しました。

そして今度は立場逆転。SwissborgTシャツをかけたクイズタイムです。

Tシャツはネイビーとホワイトの2種類で、全部で30着くらい用意されていました。

当日はスタッフが皆SwissborgTシャツを着ていたこともあって会場の盛り上がりは最高潮。老若男女が前のめりになってクイズに耳をすませていました。

クイズの内容は易しいものから難しいものまでバラエティに富んでいて面白かったです。

例えば、「スイスの首都は?」「矢上はどこで働いてる?」「ICOはどの通貨で購入できた?」など。

特に面白かったのは、「Alexの妹の名前は?」という質問。AlexはSwissborgのスタッフなのですが、彼に妹はいないそうです笑

よし子!みきえ!など日本ネームが飛び交ってました笑

クイズタイムも終盤に差し掛かり、ゲットできないのではないかと焦っていたら、2着持っていたサラリーマンの方が1着下さりました。ありがとうございます。

最終的には8割くらいの方がTシャツをゲットされていました。

全体集合写真

クイズタイムが終わると老若男女で写真撮影タイム。

全体集合写真はSwissborgのインスタにも載っています。 

集合写真後にもスタッフの方々が1人づつ気さくに写真をとってくださり、Swissborgチームのフレンドリーな雰囲気がとても印象的でした。

まとめ

今回は東京で開かれたSwissborgのパーティに参加してきたのでその紹介をしてきました。

 

仮想通貨を始めてから、初めて友人意外と仮想通貨について喋れたのでとても面白かったです。

また、最新のプロジェクトの進行状況などこの場でしか聞けないことも沢山お聞きすることができ、またこのような機会があったら参加したいと思います。

【追記】先日大阪で行われたパーティも盛り上がったようです。こちらもインスタの写真を載せておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です