【注意】香港旅行が残念な旅になる3つの理由

こんにちは、ケイです。

先日、香港に2泊3日で旅行に行ってきたのですが、想像以上に色々と残念だったのでその主な3つの理由や注意点を書いていきます。

1. ご飯が思ったより美味しくなくて残念

旅行の大きな楽しみの1つとして、現地のご飯がありますよね。

ご飯が美味しくなかったら旅の楽しさが半減すると言っても過言ではないのでしょうか。

その点香港は想像以上にご飯が美味しくありません。特に飲茶は期待して行った分かなり残念でした。

ちなみに飲茶(ヤムチャ)とは、中国茶を飲みながら点心を食べることを指します。

飲茶に関しては3軒回ったのですが、どれも日本の中華料理屋で食べる方が美味しかったし値段もあまり変わりませんでした。

特に残念だったのが、「添好運」というネットでもよくおすすめされているレストランです。

f:id:yu_coin:20180203101324j:plain

なんとこちらのお店、元高級ミシュランレストランの点心担当のシェフが独立してオープンしたらしく、実際に世界で1番安いミシュラン1つ星のお店として有名です。

世界9カ国に展開しており、現在香港にも5店舗あります。

下馬評通り、飲茶の美味しいリーズナブルなミシュランレストランということで期待して行ったのですが、まず驚いたのがその行列です。

もともと人気店で混んでいるということは聞いており、休日、ランチタイムを外して平日の15時頃に行ったのですが、お店の前にはまさかの30人くらいの大行列。

でもそれほどの味なんだろうと思って並ぶこと30分、お店に入れました。

ここは並ぶ間にオーダーする仕組みだったので、席に着いたらすぐに料理が出てきました。

頼んだものは、エビの蒸し餃子や春巻きなどでしたが、どれもうーん、という感じでした。

メロンパンの中にチャーシューが入ったものも期待して行ったのですが、パンがスカスカで残念でした。

f:id:yu_coin:20180203101403j:plain

また、店内が狭い上に従業員が多いため店内が常にせわしないです。

スーツケースを持った観光客もいるので、食事中に何回もぶつかられて食事に集中できませんでした。

最終的に、値段も1人100HKD(日本円で1400円くらい)と特に安くは感じませんでした。

なので、飲茶は日本でゆっくり食べたほうが満足感高いです。

2. シンフォニーオブライツが非常に残念

香港といえば100万ドルの夜景が有名ですが、この夜景も個人的にはイマイチでした。

正直、横浜やみなとみらいの方が綺麗です。

香港の夜景の残念さを遥かに上回ったのが、光と音のレーザーショー、「シンフォニーオブライツ」です。

シンフォニーオブライツは“世界で最も長い期間継続されている、大規模な光と音のショー”としてギネスに認定されており、ネットにも綺麗な写真が沢山上がっています。

こちらとか

f:id:yu_coin:20180203100243j:plain

こちらとか

f:id:yu_coin:20180203100306j:plain

そのため当日はかなり期待して行ったのですが、完璧に期待を裏切られました。

こちらが当日の様子です。

f:id:yu_coin:20180203100620j:plain f:id:yu_coin:20180203101215j:plain

終始やる気のないレーザービームが数本光っているだけのショーでした。

特に酷いのが、トータルで13分あるため観覧車を無駄に期待させるところです。

日本の花火のようにフィナーレになると盛り上がるのかと思いきや、最初から全く変わらず気づいたら終わってました。

当日は途中で帰っている人もちらほらいて、みんな騙されたようでがっかりした感じでしたね。

シンフォニーオブライツ見るくらいなら、近くのペニンシュラの中をぶらぶらする方がQOL高いのでおすすめです。

f:id:yu_coin:20180203101104j:plain

エントランスにはロールスロイスが何台も停まってて、男子トイレには常にボーイがいてタオルを渡してくれます。

3. 街並みが中途半端で残念

香港の街並みといえば、今も昔も映画のイメージが強いですよね。

f:id:yu_coin:20180203102312j:plain

ジャッキーチェンの映画に出てくるような無数の看板がせり出す道路であったり、

f:id:yu_coin:20180203102502j:plain

最近ではトランスフォーマーロストエイジの舞台にもなった超高層集合住宅、モンスターマンションであったり。

上の写真のような、日本にはない香港独自の街並みを期待して行ったのですが、実際は都市開発がかなり進んでおり、このような風景はごく一部の場所でしか見ることができませんでした。

ラッシュアワーやポリスストーリーを見て育ったので、香港には憧れを抱いて行ったのですが、実際に待ち受けていたのは東京の汚い繁華街のような街でした。

都市開発は文明が発達して素晴らしい反面、このような文化的な建物が取り壊されて行くのは悲しいですね。

まとめ

今回は香港旅行に行くべきではない理由を3つ書いてきました。

香港は最近までアメリカ領土だったこともあり欧米人が多く、観光している感じがあまりありません。

また、僕は行きませんでしたが香港のディズニーランドについてもあまりいい話を聞きません。(お城が失笑レベルの小ささだとか全体的にチープだとか)

あと、ピンポンマンションという香港で有名な風俗も摘発されたのかわかりませんが廃墟と化していました。

もし香港旅行を考えている人がいたなら、全力で隣のマカオに行くことをおすすめします。

最近では綺麗な複合型ホテルも増えており、カジノだけでなく様々なエンターテイメントが楽しめるようになっています。

香港国際空港は綺麗なので、ヨーロッパなどのトランジットには丁度良いですが、香港に観光のために行くのは勿体無いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です